脂質異常症

病気・治療を知る

脂質異常症とは?

脂質異常症は血液中の中性脂肪(トリグリセライド)やLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が基準より高い、またはHDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が基準より低い状態のことをいいます。

non-HDLコレステロールは、総コレステロール値からHDLコレステロール値を引いたもので、動脈硬化のリスクを総合的に評価できるといわれています。

※日本動脈硬化学会「動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症診断ガイドライン2018年」より

脂質異常症の種類

高LDLコレステロール血症

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が多すぎる状態で、脂質異常症で最も多くの人にみられます。

LDLコレステロールはコレステロールを末梢組織まで運ぶ働きがあります。LDLコレステロールが多いと、脂質が血管の壁に入り込み、動脈硬化を引き起こす原因となります。

低HDLコレステロール血症

HDLコレステロール(善玉コレステロール)が少なすぎる状態です。

HDLコレステロールは余分なコレステロールを回収する働きがあります。善玉(HDL)コレステロールが少ないと、余分なコレステロールが十分に回収されなくなり、コレステロールが溜まりやすく動脈硬化のリスクが高まります。

高トリグリセライド血症

中性脂肪が多すぎる状態のことです。

中性脂肪が多すぎると脂肪肝、肥満に繋がり動脈硬化のリスクが高まります。

中性脂肪が多いとLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が増えやすいこともわかっています。

脂質異常症を放置するとどうなる?

最もリスクが高いのが、動脈硬化症です。

動脈硬化は虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)や脳血管障害などの命にかかわる病気の発症リスクを高めます。

さらに高血圧や糖尿病との合併が起こると、動脈硬化のリスクはさらに高くなるため自覚症状が全くなくても、検診などで脂質異常症を指摘された場合にはきちんとした治療を受けることが重要です。

脂質異常症の原因

不適切な生活習慣

過食や過度の飲酒、運動不足、肥満などが原因となります。

家族性高コレステロール血症

LDLを細胞内に取り込むLDL受容体の遺伝子異常に起因し、日本では約500人に一人の割合で起こります。

二次性の病気

糖尿病、甲状腺機能低下症、肥満症、メタボリックシンドローム、ネフローゼ症候群、脂肪肝、痛風・高尿酸血症などが原因となる場合があります。

脂質異常症の治療

生活習慣の改善

他の生活習慣病と同様に、食事療法・運動療法が基本となります。

食事療法や運動療法を行っても改善がみられない場合は、薬物治療を行います。

また、喫煙は脂質異常症の発症リスクを高めるので、禁煙をお勧めいたします。

薬物治療

脂質異常症の治療は、薬を飲めば安心というわけではなく、薬物療法を始めても、食事療法や運動療法を含む生活習慣の改善をやめないようにしましょう。

また、薬物治療の結果、検査値が改善しても、自己判断で服用を止めないでください。

減薬したい場合は医師と相談して治療方針を決めましょう。

【脂質異常症に対する代表的な薬剤】

脂質異常症の治療薬には、実に多くの種類があります。

患者さんの個々の状態に合わせて処方しますので、選択理由は診察時に個別に説明いたします。

 

○HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン系)

肝臓におけるコレステロール合成を抑え、LDLコレステロールを低下させ、中性脂肪も低下させます。

 

○陰イオン交換樹脂(レジン系)

腸内でコレステロールが豊富な胆汁酸と結合して、LDLコレステロールを便中に排泄させ、低下させます。

 

○小腸コレステロールトランスポーター阻害薬(エゼチミブ)

腸内でコレステロールが豊富な胆汁酸の再吸収を抑制することにより、LDLコレステロールを低下させます。

 

○プロブコール

LDLコレステロールを胆汁酸として排出させたり、LDLコレステロールの酸化を抑えたりして、動脈硬化を予防する働きがあります。

 

○フィブラート系

主に肝臓で中性脂肪が作られるのを抑える薬です。

LDLコレステロール値を低下させたり、HDLコレステロール値を上昇させたりする効果もあります。

 

○ニコチン酸誘導体

ビタミンの一種で、肝臓で中性脂肪が作られるのを抑えます。

また、HDLコレステロール値を上昇させる効果もあります。

 

○ EPA(エイコサペンタエン酸)

青魚に含まれる成分(不飽和脂肪酸)から作られた薬で、中性脂肪値を下げる効果があります。

また、また、血栓をできにくくする作用もあります。

二次性脂質異常症・家族性脂質異常症の治療

○二次性脂質異常症

脂質異常症の原因となっている疾患の治療を行います。

 

○家族性脂質異常症

LDLアフェレーシス(体外に血液を引き出して血漿分離したのちに、LDLを吸着回収した上で体内に血液を戻す浄化法)も一部保険適応となっています。

脂質異常症のよくある質問

Q:脂質異常症と高脂血症は違う病気ですか?

かつては中性脂肪値が高い、もしくはLDL(悪玉)コレステロール値が高い状態を「高脂血症」と呼んでいましたが、HDL(善玉)コレステロール値が低い状態も同様に問題があるとして、2007年からはこれら3つの状態を「脂質異常症」と呼ぶようにガイドラインが改訂されました。

Q:脂質異常症の薬は一度服用を始めると、ずっと飲み続けなければいけませんか?

食事療法と運動療法を続けることでお薬を飲まなくてもよくなることもあります。

また年齢と共に自然と食事量が減りコレステロールの数値が改善してお薬が中止になる場合もあります。

ただし、薬の服用については自己判断せず必ず医師と相談しましょう。

トピック:食後高脂血症

現在の日本の基準では「中性脂肪は12時間の絶食ののちに測定し、150mg/dl 以下ならOK」とされています。このため「食後であれば、中性脂肪は高値でも良い」と考えている方が多く、ネットでもそのような意見を散見します。

しかし、近年の研究にて高脂血症の方は食後の中性脂肪の低下が遅れるとともに、やはり食後に一定以上の中性脂肪値を示す方は、そうでない方と比較して動脈硬化性疾患の発症率が高くなるということが分かってきました。(日本では明確な基準値を設けていませんが、175~200mg/dl 以下のコントロールが良いと言われています)

​当院では、開院以来、食後高脂血症の方を見落とさないよう、一貫して日常の採血はあえて非絶食で行っています。

しゅろのき内科クリニック ドクターズ・ファイル
しゅろのき内科クリニック 医療トピックス

医療法人社団むすび

:9:00~13:00

〒346-0013 埼玉県久喜市青葉5-15-1

Copyright © しゅろのき内科クリニック. All Rights Reserved.